する場合等においても用いることができますし全ての資産

特定調停による方法も任意整理による手続きと同じように、各債権を有する者への借金の返済を続けていくことを前置きとした債務を整理する選択肢のことをいいます。

分かりやすく説明すると裁判所が関係する負債整理となります。

特定調停による方法も先の方法とほぼ同じく破産とは違ってある部分のみの負債のみを整理していくことになるので、他に保証人がいる借入金を別として整理をする時やクルマのローン以外だけを手続きをする場合等においても用いることができますし全ての資産を手放してしまうことは必要とされていないので、戸建て住宅などの個人資産を保有していて放棄したくない状況においても活用できる債務整理の方法になるでしょう。

いっぽう、手順を踏んだ後の返済金額と実現可能な収入を検討し、適切に返済の計画を立てられるのであれば特定調停の処理を進めるほうが良いですが、破産手続きとは違って返済義務そのものが消滅するわけではありませんので、合計がだいぶある場合などは実際に手続きを実行するのは難しいということになります。

また、この手順は裁判所という機関が介入することになりますので弁護士などのプロに見てもらわなくてもリスクが増えることはないことや解決のための費用を圧縮できるというメリットは魅力的ですが貸方からの取り立てに対し債務者本人が応対していく必要がある点や実際の裁判所に何回か出頭する手間がかかるといった注意が必要な点もあります。

さらには、任意整理による手続きとの比較点ですが、この方法により解決できない際には求められている利息を全部付けた形で返していかなければいけないことや結果としてはそれら債務者に対し返していく総額が任意整理の場合よりも高くなる傾向がみられるという覚えておきたい点もあります。

Link

Copyright © 1996 www.karireports.com All Rights Reserved.