交付する事が可能です

愛車を売却する場合や、そして自動車の査定の時も印鑑証明が必要になってきます。

この印鑑証明という書類について説明しましょう。

印鑑証明というのは、実印として効力を持つという事実を保証するための正式な書類です。

この書類がないと、その印鑑が実印として認められているかどうかが保証できません。

高額な売買になる中古車の売却なのでどうしても実印が必要になりますがその際にこの印鑑証明も出てきます。

印鑑証明という書類を交付してもらうためには、発行前に印鑑証明をしなければなりません。

印鑑証明に登録する印鑑は正式には実印と言われ同じものが二つとない印鑑である必要があります。

実印を持って、最寄の役場の取次ぎ所に行けば印鑑登録できます。

手続きが終わると印鑑登録カードなるものが交付され、その印は実印ということになります。

印鑑証明を発行してもらうには役所の窓口へ行き専用の書類に必要項目を書いて、印鑑登録カードを持参するだけで大丈夫です。

そして、自動交付機で印鑑証明の書類を交付する事が可能です。

印鑑証明には期限切れなどはありません。

そのため、いつの印鑑証明でも証明書としての効力は消えないということになります。

しかしながらクルマ買い取りの時は印鑑証明は三ヶ月以内に発行されたものである必要があります。

普通は有効期限を気にする必要はないのですが中古車売却の際は買取先が必須となる有効期限を設定していますので、仮に所有車の買い取りの予定があるのであれば、あらかじめ持っておくことが必要です。

Link

Copyright © 1996 www.karireports.com All Rights Reserved.