これは年月とコスト計り知れないロスは避けられません

車の事故があった時自らが自動車事故の被害者であったとしても、事故を起こした人が過ちをひとつも容認しないという事例はかなりみられます。仕事 辞めたい アフィリエイト

意識的に起こしてしまったのと違い注意不足で自動車をぶつけた際にこういった押し問答につながってしまう状況がありがちです。

だからと言って、その場で車だけの物損片付けられて、後で体の変調が出てから、病院の診断書を出すのでは後手に回るというのは仕方がなくなってしまいます。

それでは、自動車の事故の過失割合は何らかの基準が設定されているのでしょうか。

正確に申し上げますと警察が決定するのは、自動車事故の大きな過失が認められるのはAかBかという責任の所在であって、割合ではないのです。

もっと言えば、最終的に決定された事故の責任者が警察署から教えられる事はケースは有り得ません。

そんな訳で、過失割合は当事者の交渉の結果で決定されそれが損害賠償の算定の根拠になる訳です。

その場合に、共に任意で加入できる保険に入っていない場合は、両方が直接相談を余儀なくされます。

しかしながら、当然の事ですがこの交渉では、理性的でない問答になる状況が高いです。

それに加えて、互いの言い分にギャップがあれば悪くすると、裁判での争いにもつれ込みますが、これは年月とコスト計り知れないロスは避けられません。

そんな分けで多くの場合、互いの運転手についている保険の会社、この互いの自動車の保険屋さんに相談を委任するやり方を活用して、ちょうどよい「過失割合」を理性的に確定させるのです。

このような際、保険の会社は、それまでに起こった車の事故の訴訟の結果から計算した基準、判断例をベースに、仮定と協議によって割合を出します。

とは言っても事故の例では、遭遇してしまったのか起こしてしまったのかによらず、とりあえず警察に電話するのがルールです。

その上で自動車の保険会社にやり取りをして今後のやり取りを頼むのが順序となります。

ちゃんとした仕組みさえ知っていればお互いの無意味な協議となる状態を回避できます。

Link

Copyright © 1996 www.karireports.com All Rights Reserved.