www.karireports.com

重量税という税金は国産メーカーの車とか外車というような自動車の国やハッチバック、1BOX車等自動車の形状に関係なくたとえばダイハツやクライスラー、等にも普通に課せられる税金のことをいいます。新車を登録するさい、あるいは車検のさいに納税が必要な税金です。税額はそれぞれの愛車の大きさによって決められています。「自動車重量税」と「自動車税」はまったく異なる概念なので基礎を理解して混同しないようにする必要があります。「自動車重量税というものは車の重さにより」「自動車税という税金はクルマのリッター数によって」金額が変わります。買取の時の扱われ方異なりますので注意が必要です。クルマを買い取ってもらうときには既に納めた額がいくらあってもその額が還付されるようなことはありませんが、一方、自動車税でしたら支払った税額を買取額に上乗せしてくれるような場合がなくはないですが重量税については上乗せになるといったケースはあまりないのです。重量税は、すでに納付済みの税額があると言っても車買取専門業者にてそれが配慮される場合はまずないと思います。ですのでその次の支払い分かりやすく言えば車検に出すまで待機してから買い取りを依頼するということが無駄は少ないでしょう。車の買い取りの時は戻ってこないのが重量税ですがある条件の場合では戻ってくることもあります。この事例というのは車検の効力が残存している自動車を廃車にしてしまう時です。要するに、廃車申請をした際に残っている期間に応じて金額が戻ってきます。ただ、車の買取の時はそのクルマが廃車されるのとは違って返ってきません。それにクルマの名義変更をしてしまった場合や、盗まれた場合も還付してもらうことは不可能です。重量税の残っている期間がある自動車を売却するイコール、つまり車検期間がまだある中古車ということと同じです。そのことを店側も計算に入れますから、自動車重量税の残存期間があればある程度買取額が上乗せされると思います。もちろん買取額は買取業者によりまちまちなのですが、車検期間がまだある事実を考慮していただければ売却する自動車の買取額からみたらそこまで割に合わないということもありません。

Link

Copyright © 1996 www.karireports.com All Rights Reserved.