www.karireports.com

クルマを売る場合や、さらに愛車の査定の際も印鑑証明書が必要になります。この印鑑証明に関して説明していきます。印鑑証明書とは、実印であるということを裏付ける正式な書類です。これがなければ使っている印鑑が実印で間違いないということが保証できません。決して小さくない商談になる該当する車の買取ですので実印が必要になることになりますがそれと一緒に印鑑証明書が登場します。印鑑証明を発行するためには、発行前に印鑑証明の手続きをしておかなければなりません。登録する印は通称、実印と言われ同じものが二つとないハンコである必要があります。実印を用意して近所の役場の取次ぎ所へ出向けば、印鑑登録の手続きができます。印鑑登録の手続きをすれば、印鑑登録カードが交付され、登録した判子は実印になったということになります。印鑑証明を発行してもらうには、市町村役場の窓口で印鑑登録証明書交付申請書という書類に必要事項を記入して印鑑登録カードを持って行くだけです。さらに、自動交付機を使って発行してもらうことができます。印鑑証明には有効期限などはないのです。そのためどんなに前の印鑑証明でも証明書としての効力はあるのです。しかし自動車買い取りの際は、必要になるのは現在より3ヶ月以内に発行された書類でなければ無効になります。基本的には有効期限の定めはありませんがクルマ買い取りの際は相手側が必須となる有効期限を教えてくれるので仮に車の買取を検討しているとしたら買い取りが成立する前に準備しておくことが望ましいです。

Link

Copyright © 1996 www.karireports.com All Rights Reserved.